便秘解消法
〜頑固な便秘でお悩みのあなたへ〜


便秘には、問題のある便秘と問題のない便秘があります。問題のあるものは、大腸ガン、腫瘍、直腸ガン、腸の癒着、痔などが原因の便秘です。血便がある時、便通時に痛みを感じる時は、すぐに、専門医に相談して下さい。このサイトでは、問題のない便秘の「常習性便秘」と呼ばれる便秘の、解消法を詳しく解説します。


■便秘かどうかの簡単判別
@.3日間以上、排便がない。
A.毎日排便はあるが、「出る量が少ない。」「全部出し切れてない。」という感覚がある。

@、Aにあてはまれば、立派な便秘ですが、便秘には大きく分けて「急性型」と「慢性型」の2種類があり、「急性型」の便秘なら、あなたは、便秘ではありません。

「急性型」の便秘は、環境の変化によって、起こるもので、環境に慣れれば、便秘は自然と解消されます。「旅行中に便秘になった。」と言うのが良い例です。

「慢性型」の便秘は、食生活の問題や生活習慣の問題が原因です。この「慢性型」の便秘が、みんなが、苦しめられているタイプの便秘です。

便秘が何日も続くと「お腹が張る」症状が出始めます。右下腹部、左上・下腹部に痛みを感じることがあります。これは、ガスや便が溜まることが原因です。


■便秘の治療
便秘の治療は、簡単です。浣腸、下剤の摂取で、ほとんどの便秘は、解消されます。さらに完全に腸内の便を取り除くのを望む場合には、腸洗浄と呼ばれる処置もあります。

しかし、そういった状態が常態化すると、体がそれらの刺激で排泄をするのが当たり前になってしまい、それらを欠かすと、なおひどい便秘になる場合もあります。

ですから、簡単だから、楽だからといって、安易に薬に頼らず、生活習慣の改善、体質の改善に取り組んでください。


■便秘の解消!ワン、ツー、スリー
次の3点を、毎日の生活に取り入れれば、あなたの頑固な便秘も少しずつ、解決していくこと、間違いなしです。

1.毎日1回トイレにゆっくり座る。

毎日1回、決まった時間にトイレに行く習慣をつけて下さい。便意がなくても、朝に1度は、トイレに必ず行き、排便をしようと努力して下さい。しかし、本当に出そうもないのに長時間座り続けるのは良くありません。


2.朝、1杯の水を飲む。

朝、起き抜けに冷たい水や牛乳を、飲むようにします。食物繊維を積極的にとり、1日3食を心がけて下さい。


3.腹筋を鍛える

積極的に、体操や水泳などの運動に心がけ、腹筋を鍛えましょう。一見、\便秘には、腹筋は関係なさそうですが、腹の筋肉の強化は、排便の上で大切です。腹部のマッサージも効果的です。


■便秘の予防
便秘がちのあなたは、食べ物、飲み物、運動の程度を変えることで、便秘を予防することが出来ます。


◆食物繊維の摂取
積極的に食物繊維を摂取しましょう。食物繊維は、柔らかく大きな大便を作ります。野菜、果物、穀物、海藻などに多く含まれています。

また、ヨーグルトを食物繊維と一緒に摂取するのも効果的です。ただし、栄養剤などで、食物繊維を過剰に摂取すると、栄養素の吸収を阻害します。カルシウムや鉄の吸収低下をはじめ、栄養不良をきたすことがあるので、注意が必要です。


◆水分の摂取
十分な量の水、もしくは野菜や果物のジュース、スープなどを摂取して下さい。水分は、大便を柔らかく保ち、通りを良くします。水分を十分取っただけで、便秘の症状が改善されます。ただし、カフェインやアルコールを含む飲料は、消化器の水分を減らす傾向があります。


◆脂肪の摂取
脂肪は腸管を滑らかにする働きがあるので、摂取することで便の通りがよくなります。ただし、これはダイエットなどで過剰な摂食制限をしている人に、いえることです。


◆適度な運動
規則正しい運動は、消化器を活発にします。運動は軽いものでも十分で、毎日20〜30分の歩行で大丈夫です。また、軽い腹筋やストレッチも効果があります。手を使って腹をさすり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促すだけでも効果があります。


◆ストレスを溜めない
ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れてしまい、腸の蠕動運動が弱まり、便秘になりやすいといわれています。ストレス解消法は人それぞれですが、日頃からストレスを溜めないようにすることが便秘解消にも繋がります。


◆十分な排便の時間
便意を無視しないようにしましょう。何度も便意を我慢してしまうと、便秘になります。生活習慣において、毎日決まった時間に便意を催す人もいますが、そうでない人は、便意を催し易い時間帯を、排泄に割り振る生活上の配慮をする事が大事です。


■食物繊維の多い食品
・穀類
大麦、オートミール、そば、玄米、らい麦パン

・野菜類
大麦、あずき、グリーンピース、スイートコーン、さといも、西洋かぼちゃ、ゆりね、ブロッコリー、とうもろこし、れんこん、きのこ、芽きゃべつ、枝豆、大豆、アボガド

・果物類
干し柿、ブルーベリー、パパイア、キウイフルーツ、いちご、ネクタリン、びわ、プラム、はっさく、いちじく、プルーン、洋なし、もも、なつみかん、かき、りんご

・その他
おから、きなこ、納豆、海藻、小麦ふすま

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--l70a.jp/">腸.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2017 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ